社長ご挨拶 Greeting

 当社は、株式会社JR東日本情報システムのグループ会社として、お客さまの幅広い事業を支えるさまざまな情報システムのソフトウェア開発に関する事業を、これまで主に実施しています。

 現在、2016年にスタートした「中期経営計画2018/エスケイケイ」に基づき、新技術への挑戦と合せ、それら技術情報を社内展開し共有することでチームとしての技術を向上させるなかで、品質が良く信頼性の高いシステムを、しっかりと廉価に提供するよう努めてきました。

 私ども、ICTのプロ集団として、より便利で豊かな社会造りの実現を目指していく、その一翼を担うことを企業理念とするとともに、若く・伸びやかな社風を培うことを大切にしています。また、私たちは、社員一人ひとりの個性を活かし、変化に柔軟に対応していく人財を育て、その能力を発揮していける態勢を重視します。

 これからも進展する社会及び会社を取り巻く環境を掌握しつつ、変化の波や技術動向を先取りする感性、最新技術を積極的に使いこなす力を育むことで、今後一層のICT進展に備えます。そのような取り組みを継続するとともに、新たな価値創造を目指した情報処理サービスの提案、そのシステム開発と構築を着実に推進して、新たなサービスの具現化とその提供につなげていく所存です。

 社内一同、持てるノウハウと技術力を結集してお客さまのお役にたつとともに、ひいてはJR東日本情報システムグループの事業を通じて社会の発展に貢献していけるよう、全社一丸となった企業活動を進めてまいります。

 

2017年12月
代表取締役社長
加藤 保